FX取引と外貨預金

hoiur868FXは外貨預金に比べて手数料が少なくて済む
外貨預金とFXとバイナリーオプションを比較をしてみた際、外貨貯金は「預けっぱなしでいい」という印象があり、ハードルが低いように感じると思います。けれども外貨預金には為替手数料という大きな落とし穴があります。実は銀行の為替手数料というのは非常に高額で、下手をしたらせっかくの利息分がとんでしまうのではないかというくらい。比べてFXは取引手数料が非常に安く、出金の際の手数料を合わせて考えても外貨預金よりはるかにコスト安です。

コストダウンはこれからも進む可能性大
FXの取引コストは業者によって設定しているものがまちまちです。口座開設は無料のところがほとんどですが、1回ずつの取引手数料がかかるところもあれば、スプレッドのみの業者もあります。入金、出金手数料については利用手段によってもかわってきます。また、現在FX業者は熾烈な顧客獲得競争のまっただ中にあるので、コストダウン傾向は今後も進むと考えられます。

FXでは相場が下落している時でも利益獲得のチャンスがある
外貨預金では円安になってしまったら、せっかく金利がついても目減りしてしまうことも考えられます。FXは相場が下落している時でも売りのポジションから入って利益を上げることが可能です。

FXで長期的な運用
より外貨預金に近い取引方法として、獲得したポジションを決済せずに保有し続け、その間日々発生する金利差を受け取るというやり方もあります。以下に外貨預金とFXの違いをまとめてみました。

外貨預金とFXでは取り扱っている機関が違う
外貨預金は銀行に口座を作ります。FXは国内外の証券会社に口座を作って取引に参加します。

取引方法によって生じる違い
買ったポジションをずっと寝かせておくのが外貨預金ともいえるので、当然相場が下がってしまった損になります。FX取引は売買どちらのポジションでも保有することができるので、相場が下がっている時でもチャンスが十分にあります。

リアルタイムに変動するレートか仲値か
外貨預金に適用されるレートは仲値といって、銀行が決定した1日固定のレートです。FXはリアルタイムのレートが適用されます。

FXは24時間いつでも取引が可能
外貨預金は頻繁に解約するようなことはできませんし、利用も金融機関の営業中のみです。

FX最大なメリットともいえるレバレッジ
外貨預金は現金に対する利益しか得られませんが、FXでは少額の証拠金にレバレッジを効かせて、大きな利益を獲得することも可能です。このように、FX取引には様々なメリットがあり、バイナリーオプションと共にユーザーの数が増えてきています。もしバイナリーオプションから初めてみたいという方は、海外業者をお勧めします。24オプションの他にも多数業者があり、初心者が取引をスムーズに始められる環境が整っていると思います。