自動高速化によるトレーダーへの影響

gghoiur8 実際、私を含めた個人投資家がパソコンを使っての通貨取引をできる時代であることが、ネットワークの大きな進歩によるものとなります。しかし、今現在においても、世界中のトレーダーは更に「システムの高速化をさせる」ことを考えているという話をご存知でしょうか?システムの高速化をさせる事によるFXや海外バイナリーオプション等のオンライン取引に対するメリット、そしてFX 攻略にプラスになるポイントは以下のような事が上げられます。

    1.他のトレーダーよりも、素早く情報を知ることができる

    2.余計な時間を短縮することで、取引に対する思考時間を増やすことができる

    3.自動売買システムの判断への対応を、俊敏にできる

    4.通貨価値の変動を更に細かく正確に見る事ができる

まず、取り上げた事例が「初心者や一般投資家にとっては縁遠い内容」になってしまい、個人投資家レベルでは対応がとても難しい内容となります。そんな題材をなぜ「FX初心者が覚えておきたいこと」という主題の元に取り上げたのかというと、それは「今のFXとは一体どのようなレベルの話」なのかを知っておいて欲しかったからです。

おすすめサイト: 24市場.com

『世界の投資家がどのようなレベルでの高速化による取引を行っているのか?』これを知る事で、自分の「通貨取引に対する姿勢が変わる」ことにも繋がりますし、考えられないような値動きが起こる「大相場」と呼ばれる際に、大きな「判断材料として役に立つ」と考えたからです。さてそれでは、単刀直入に「高速化によるFX初心者のトレーダーへの影響」について話したいと思います。

この「取引の高速化は、FX初心者だけでは無く個人投資家全体にとって最悪」の展開です。この『取引マーケットの高速化』は一見して、「個人投資家にとっても取引速度が上がったことで、取引しやすい環境が整い、良くなった」と考えられます。しかし、実際には「HF(ヘッジファンド)」と呼ばれるような、『為替や株の売買で巨額の富を動かす投資のプロ集団』と『個人投資家』とでは雲泥の差があります。

ネットワークの高速化に伴い、(例えば)相場を動かすような大きなニュースが起こった場合に、「HFや情報を買い取って取引をしている人達と、一般投資家との情報検知までの差は数分までに縮まった」といわれています。その為、比較的、以前より環境が良くなったと考える人もいらっしゃいます。では、なぜ、私が「高速化に伴い環境が悪化した」と考えているのか?2010年に起こった記憶にまだ新しい「フラッシュクラッシュ」を題材に取り上げて紹介していきたいと思います。