リスクの許容範囲

hoiur8hjまず基本的な事ですが、FXは「特定の通貨を買う(売る)事で違う通貨へと交換する取引」を行い、「一定期間そのまま保有した後に最初に行った取引とは逆の売買を行う」ことで、『利益を得る』もしくは『損益を確定させる』ということです。この辺の基本的な構造は、FXやバイナリーオプション取引を始める前に、軽くでもよいので理解しておく必要があります。最近ではオンライン取引関連のバイナリーオプション ブログ等が多く出回っていますので、情報はすぐ手の届く所にあるので便利ですね。

もう少し分かりやすく説明すると、『アメリカドル/円』とは日本円を売ってアメリカドルを買い、しばらくアメリカドルを保有し、その後、アメリカドルを売り日本円を買う事で、アメリカドルを保有していた間にアメリカドルを買った時より通貨価値が上がっていれば利益を得ることができ、通貨価値が下がっていれば損益が出るということになります。

このようにしてFXの取引は行われるのですが、最初に取引を行ってから「その取引の利益や損益を確定させる」までの間が通貨の価値が変動する事となるので、運用している資産に対してリスクを背負っている状態となります。

つまり、このリスクを負っている状態の時間が短ければ短いほど良く、—高いレバレッジをかけたとしても—総合的に考えるとリスクを小さくてすることに繋がります。

近年のFX取引では、優れた売買システムの導入による取引の自動高速化が行われており、プロトレーダーの中には「スキャルピングトレード」といって、リスクを負う時間を数秒~数分の間に短縮して、1日に何度も売買を繰り返すトレーダーもいます。

こう言いた「スキャルピングトレーダー」の様に短期売買を行う人は、普通のトレーダーと比べてリスクを負う時間が極端に短いために、高いレバレッジによる取引を行っていたとしても、「取引の全体的なリスク」という点では「低レバレッジにて長期間保持する取引」と同じリスクを負った資産運用を行っていると言えます。

つまり、FX初心者の方々もレバレッジと上手く付き合っていくためには、「自分の資産をリスクに晒す時間に対しての、レバレッジ率を上手く設定する」ことで、『リスクに対してのリワードが整った運用』になりやすくできます。

また、リスクの許容範囲については、「逆指値(ストップ)を入れる事により損切りを行う」ことで高いレバレッジでの取引を行った場合でも、『リスクリワードを調節する』ことができます。

政府が規制したレバレッジですが、実は規制される前から上手い投資家達は上記のようなテクニックを使い、上手くリスクコントロールを行っていました。逆にリスクコントロールを学んでいない人は、「いくら勝っても何処かで痛い目にあっている」というケースが目立ちます。業者選びの際、リスクコントロールについてサポートに問い合わせてみて下さい。親身になってリスク管理の相談に乗ってくれるサポートがある業者を選んだ方がいいからです。Oandaとハイローオーストラリアのサポートは中々誠実な対応をしてくれましたよ。