どれくらいの資金を用意すればいいのか

hoiur89最少取引単位について知る

FX取り引きやバイナリーオプションを始める前に、必要な資金が自分にあるのかまず確認しましょう。「〇〇通貨から取引していいですよ」という取り決めが最少取引通貨単位です。もっとも多くみられるのは1万通貨、中には1000通貨単位の業者もあります。また、口座タイプによって最少取引通貨単位を変え、他の条件とバランスをとってメリットを振り分けている業者もみられます。

デイトレードに必要な具体的な金額を考えてみる

もし1ドル=100円の時に1万USドルを円で買おうとしたら100万円が必要になります。ですがFXではレバレッジを効かせることができるので、100万円の分の取引をもっと少ない金額で行うこともできるわけです。例えばレバレッジを10倍効かせるなら、10万円で100万円分の取引を行うことができます。となると単純に最低10万円あれば取引にチャレンジできるということになります。

結局のところいくら用意すればいい?

とはいえ10万円しか使える資金がないのに、それを全部使ってしまうのはリスクが高すぎます。20万円を資金にあてておいて、10万円で取引を行う、さらに損失ラインを決めておく、といった方法を自分なりに考える必要があります。

数日間~数ヶ月のトレードを行うケース

資金を分散して投資することを考えるとデイトレードより多くの資金を用意すべきです。以上のことから、1万通貨単位だとレバレッジを利用したとしてもかなりまとまった金額が必要だということがわかります。ビギナートレーダーはできるだけ1000通貨単位の業者からスタートしてみましょう。その場合の必要資金は上記計算額の10分の1になります。

ビギナートレーダーが注意すべきこと

例え余剰資産に余裕があったとしても、少額から、最少取引単位から取り組むこと、そして損切りラインを厳守することが大事です。特に損切りについては多くのビギナートレーダーが感情にひっぱられてタイミングを逃し、損失をふくらませる結果になっています。レバレッジをかけている場合はなおさら注意が必要です。

レバレッジを効かせる:少額の証拠金で取引ができるFXの仕組み

では、レバレッジについてもう少し詳しくみていきましょう。レバレッジとは少額の証拠金でも業者の定める倍率に従って、数倍の取引を行うことができる仕組みです。レバレッジ倍率は、日本では25倍までと決められていますが、海外のFX業者はその点柔軟で、100倍以上が普通。中には500倍以上レバレッジが可能な業者もあります。FXはまだ早い!という方は是非バイナリーオプション業界で、オンライン取引というシステムに慣れてみて下さい。そして一押しのバイナリーオプション業者は24Optionです。信頼度、安定度、満足度、全て高いです。