資金管理と計画的な資金の運用

hoiur8999 FXとは、資金管理無くしてあり得ない取引です。資金管理という難しそうな言葉を見ただけで自分にできるのかと思う方がおられるかも知れませんが、そう難しい話ではなく投資の際にビジョンを行うということなのです。例として「1年間貯金をして海外旅行をしよう」と計画すること考えます。その実現のために日々の無駄を減らしいろいろと節約に努めることで貯金をし、1年間旅行をするためにがんばるでしょう。これが資金管理を行うと言うことに相当します。

旅行の為に貯金することを忘れたり、お金を捻出すべく節約もしなったりでは、例え1年立っても計画実現のための資金が溜まらずに海外旅行ができませんからね。さて資金管理を投資で行う場合は具体的に何をすることになるのでしょうか。同じ様な例をあげるとすれば「FXで1年間に5000万円を稼いで家を買おう」と言う事になるでしょうね。

ですがこれは資金管理ではありません。目標が資金管理なのではなく、目標に向けて管理する事が資金管理なのです。旅行の例の場合なら「日々の無駄を減らしいろいろと節約に努めること」が資金管理であり、FXの例であれば「ここの取引のリスク、リワード」を考える事が資金管理となります。

遠まわしな言い方をせず簡単に言ってしまうなら、「取引事前の段階で、取引の損失がいくらまで耐えられるか。決済取引の時期を何時にするか。何時テイクプロフィット(利益確定)をするか。レバレッジはいくらかかっているのか?取引完了時に見込める利益はいくらになるか。」といった内容を、取引を行う前に予め計画してから行う事が、FX取引での資金管理という事になります。

これまでの内容をまとめるなら次のようになるでしょう。

    取引ポジションを持つ期限設定

    損切り、利益確定設定

    トータルの資金の投資額、レバレッジ設定

    リスクにかける資金割合のリワード設定

信じられないかも知れませんがプロのトレーダーであれば実際にこのような事をやっているわけです。FXの入門者、初心者向けの本でよく見かける項目に「マイルールを設定する」というものがありますが、「自分の資金運用計画を作る」という言葉を「ルール設定」に置き換えられた表現であると言えます。自分なりの資金管理、リスク管理体制を整えやすい取引環境を提供している業者が出金にも強い24Optionだと思います。特にハイレバレッジで取引する為のリスク管理に優れています。